生漢煎で下痢になる副作用ってある?

生漢煎で下痢になる副作用はある?

 

 

生漢煎で下痢になることはあるのでしょうか?

 

生漢煎に関してですが、生漢煎はダイエット効果は確かにありますが、便秘改善効果もあるんです。

 

どちらかというとダイエット効果よりも便秘改善効果の方が強いので、そうなると軟便になりますよね。

 

 

 

軟便になるだけなら良いのですが、効きすぎて下痢になる可能性もあるわけです。

 

 

つまり下痢になってしまう副作用があるという結論になりますね。

 

 

ただ、この点ですが下痢は副作用ではなく好転反応なのです。

 

 

好転反応というのは、簡単に言うと治療の過程で一時的に起こる身体反応の事です。

 

治療の過程で一時的に起こる副作用のようなものであり、これはしょうがない事です。
時間が経てば自然と、この副作用のようなものは無くなります。

 

一応分かりやすく副作用と書きましたが、あくまでこれは好転反応なのである程度割り切りましょう。

 

 

ちなみに、誰しもが生漢煎を飲んで下痢になるわけではありません。

 

一部の方、つまり体に合わない方が生漢煎を飲み続けると下痢になってしまうだけです。
ここに関しては勘違いしないようにしてくださいね。

 

 

次は生漢煎を飲んだ時に下痢になってしまった時の対策についてなど書いていこうと思います。
下痢になった方や不安な方は引き続き読んでくださいね。

生漢煎で下痢になった時の対策

 

 

それでは、生漢煎で下痢になった時の対策について紹介していこうと思います。

 

生漢煎で下痢になった時の対策に関してですが・・・

 

飲む量を減らしてみてください。

 

 

生漢煎は漢方薬です。

 

漢方薬なので、個人の体質で服用する量を調整していくのがおすすめです。

 

 

 

例えばですが、普段から毎食ごとに一袋飲んでいる場合なら、半分にしてみたりして調整してください。

 

こうしたらダイエット効果は減少してしまうのですが、どうしても下痢をなんとか改善したいなら、飲む量を減らす事で調整してください。
段々治ってくると思いますよ。

 

 

 

他にも下痢に効く食べ物を食べるのも一つの方法です。
下痢に効く食べ物を食べれば即効で効くわけではないですが、徐々に効いてきて下痢も緩和されるはずですよ。

 

ちなみに下痢に効く食べ物の例は下記の食べ物です。

 

  • らっきょう
  • はちみつ
  • じゃがいも
  • ヨーグルト
  • うどん
  • りんご
  • バナナ
  • 山芋
  • ブルーベリー
  • 紅茶

 

こういった食べ物を食べて治るのを待つのもアリですが・・・

 

よほどの下痢でないなら、好転反応と割り切って我慢した方が良いと思います。

 

 

あくまでかなり強い下痢で、我慢できないようなら先ほどの対策方法の「飲む量を減らす」「下痢に良い食べ物を食べる」などで対策してくださいね。