生漢煎とツムラ62はどっちがおすすめ?

ツムラ62のメリットやデメリットに関して

 

 

漢方薬に防風通聖散という商品があります。

 

そして防風通聖散の商品の中に、ツムラ62と生漢煎という商品がありますが、これらの商品の比較について今回は紹介していこうと思います。

 

 

まずは先にツムラ62について書いていきますね。

 

ツムラ62のメリット

 

まずはツムラ62の方が優れている点について書いていきますね。

 

ツムラ62の良さはコスパの良さです。

 

生漢煎の場合は一番お得な定期コースにした場合でも税込みの場合だと1日140円かかるんです。
それに対してツムラ62に関しては1日あたり69円という事になります。

 

しかも効果に関してはツムラ62も生漢煎も同等の効果があります。
飲みやすさや続けやすさに関してもツムラ62も生漢煎に関しても同じくらいです。

 

それなのに価格が安いというのは、かなりのメリットではないでしょうか?

 

 

ツムラ62のデメリット

 

ツムラ62のデメリットについて紹介していきますね。

 

ツムラ62のデメリットですが購入のしづらさですね。

 

ツムラ62は生漢煎と違って、ネットや薬局などで手軽に購入できないんです。
購入方法としては、病院で処方してもらうしかありません。

 

この、手に入らなさはかなりのデメリットです。

 

手に入らないと意味がありませんよね。

 

 

しかも病院で処方されるといっても、簡単には処方されません。
あくまで、しっかりと病院で診断を受けて、ツムラ62が必要と判断された場合だけ手に入ります。

 

これはかなり低確率ですし難しいです。

 

このような理由からも、ツムラ62の最大のデメリットは入手困難だという点です。

生漢煎のメリットとデメリット

 

 

生漢煎のメリットとデメリットについて紹介していきますね。

 

先ほどのツムラ62のメリットとデメリットと少し被りますが、それぞれ書いていこうと思います。

 

生漢煎のメリット

 

生漢煎のメリットに関してですが、通販で簡単に手に入るんです。
そして効果に関しても十分あります。

 

まあ、漢方薬でダイエット効果が特に高いのが生漢煎とツムラ62であり、これらは同等の効果があります。
そして、ツムラ62よりも遥かに入手しやすいというのが生漢煎の最大のメリットと言えるでしょう。

 

 

しかも定期購入することで、購入の手間も必要なく、自動で毎月届くのですからかなり楽です。

 

とにかく続けやすさが大事だと思うので、この点はかなりの生漢煎のメリットと言えますね。

 

 

生漢煎のデメリット

 

生漢煎のデメリットについて次は書いていきますね。

 

生漢煎のデメリットは先ほども書いた通り値段の高さですね。

 

ただ、値段の高さと言っても、ツムラ62と比べると高いというだけです。
普通の漢方薬のダイエット商品と考えると十分な価格だと思いますよ。

 

ですのでそこまで大きなデメリットでは無いと思います。

 

生漢煎とツムラ62は結局どっちがおすすめ?

 

 

生漢煎とツムラ62は結局どっちがおすすめなのでしょうか?

 

簡単にですが、結局のところどっちがおすすめなのか書きますね。

 

 

生漢煎とツムラ62と比較した時に、効果は同じなのですが、大きな違いとしては、
生漢煎は手に入りやすい、ツムラ62は安いというのがそれぞれのメリットですよね。

 

これらのメリットですが、やはり手に入りやすい生漢煎の方が大きいです。
というよりも、ツムラ62が入手困難というのが最大のデメリットです。

 

 

入手困難なのは本当に痛いです。

 

入手困難というだけで圧倒的に続けづらくなるんですよね。

 

そういった点からも、続けやすくて価格も一般的な商品と比べれば手頃な生漢煎の方がおすすめですよ。
ツムラ62はかなり手に入りづらいです。